beret(ベレー)パターンとガイド(説明書)

クリックで画像を表示
かぎ針で編む、長編みのベレーです。
クリックで画像を表示
SS(幼児)サイズから、2Lまで作れます
クリックで画像を表示
糸はかぎ針で6~7号を使う毛糸がお勧めです

クリックで画像を表示
ひさしパターンはキャスケット用、キャップ用(大人、子供)2タイプ型紙入り
クリックで画像を表示
ハットにもアレンジできます

beretパターンとガイド 

 

A3サイズの用紙に、大きく書かれた編み図ですので、見やすいかと思います。

同じくA3サイズに書かれた「作り目」からの

絵付きの説明で、初心者の方にもお勧めです。

1 説明書A3 5枚

2 編み図A3 2枚

3 ひさしを付けるときの説明書A3 2枚

4 ひさしの型紙A3 1枚  合計10枚のセットです

【必要な物】

■毛糸 並太 約100グラム (ハットタイプは150~200グラム)

■かぎ針 毛糸の帯の号数を使います。大体6号、7号くらいです。

■とじ針 中~大 1本

 

【キャスケットやベースボールタイプの場合】

■ひさし芯 塩ビ芯など

■サイズテープ(頭周り+5センチ)

■ひさし用の布 40×40センチ

**********

このパターンは、2006年ごろ作成の物です。

なので、当時は販売していた毛糸が、廃番になっているものがあります。

柔らかい並太などは、ベレーを。

少し張りのある並太はハットやキャップに。

小さいサイズを作られたい場合は合太や中細をお選びください。

画像はハマナカエクシードウール、リッチモアスターメ、リッチモアカシミアメリノ(ハット)です。毛糸選びの参考にされてください。また分からないときはご質問ください

最初のかぎ針は、思うような形にならないかもしれません。

それは手に力が入り過ぎて硬く編んでしまうからです。

編み針はしっかり持たないといけませんが、肩の力を抜いて、ふんわりをイメージして編んでみてください。何個か編むうちに、イメージ通りのベレーになると思います。

特に表引き上げ編みは、気持ち長めに糸を引き、力を抜いて編むのがコツです。

硬く編みあがってしまったベレーは、一度30度くらいのぬるま湯で手洗いし、

柔軟剤を入れて脱水してから、少し縦横に伸ばして成型してみてください。

柔らかくなります♪

 

  • 価格:1,600円
  • 在庫数 : 6
  • 注文数:

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません